よくあるご質問

よくあるご質問

駐車場は何台分ありますか?
9台分あります。
夜は何時まで受付けていますか?
受付終了は、初診の方は19時30分、再診の方は19時45分ですが、遅くなりそうな場合などお電話をいただければ、柔軟に対応させていただきます。
痛みがあるのですが、予約しないと診てもらえませんか?
予約の患者様がいらっしゃる場合、多少お待ちいただくと思いますが、痛みのある患者様には応急処置になりますが予約なしでも診させていただきます。
子連れで診療を受けに行っても構いませんか?
キッズルームもご用意しております。安心してご来院下さい。
歯の治療がとても苦手です。何か良い方法はありませんか?
削る音、麻酔の注射など、歯科治療には嫌われる要素がたくさんあります。
過去に痛い思いをされたことがあるのでしょうか。切り傷が自然に治っていくように虫歯や歯周病が自然に治ればよいのですが、残念ながらこれらの歯科の病気は放っておくほど進行していきます。
例えば、虫歯はしみないくらいの小さい穴であれば1回の治療で終わることもありますが、ズキズキ痛んでからの治療だと、麻酔は効きにくくなり、削る量も多くなり、治療の回数も多くなります。そしてこの嫌な経験がますます歯医者嫌いを加速させてしまいます。
定期検診で良い状態を維持できれば、麻酔注射をしたり削ったりせずに済みます。歯医者になるべくかからないで済む方法は、なるべく歯医者にかかることなのです。
勇気を出してご相談下さい。
歯を磨いているのに虫歯になるのはなぜですか?
一日に何度も歯を磨いていても、人によっては虫歯になってしまいます。日常の歯磨きでは、磨きにくい場所もあるでしょう。
しかし、実は日頃の歯磨きでは、全ての汚れを取り除くことは出来ていないのです。
虫歯の原因となるミュータンス菌や、ラクトバチルス菌などが作っているバイオフィルム(細菌の膜)を破壊して虫歯や歯周病の原因を出来るだけ除去しなければいけないのです。これが通常の歯磨きでは出来ないことなのです。
虫歯や歯周病を予防するために歯をきれいに磨いているつもりでも、定期的な通院をおすすめします。
冷たいものや熱いものがしみるのですが、虫歯ですか?
冷たいものがしみる時は、虫歯や初期の歯内神経の炎症が考えられます。もし、熱いもので痛みを感じるようになってきている場合、虫歯の原因となる細菌が奥まで進んでしまっている可能性が考えられます。(ただ、虫歯ではなくても知覚過敏や歯の周りの粘膜が炎症を起こしてもしみる場合があるのですが)
一度、歯科医院で診てもらうことをおすすめします。
なぜ歯医者はちょっとだけやって治療期間が長くかかるのですか?
それは多分、根の治療の時だと思います。歯の神経が死んでしまうとそれが腐敗し、顎の骨の中に病巣を作ります。それが大きくなると、痛みが出たり腫れたりします。治療には歯に穴を空けその中を綺麗に掃除、消毒をします。それを繰り返し病巣が無くなるまで行います。そのため、そのときは治療時間は短く期間が延びてしまうのです。
乳歯は生え替わるから虫歯でも大丈夫ですか?
だめです。口の中は細菌だらけになってしまいます。
乳歯の虫歯は永久歯の歯冠部の変形や歯列などにも悪影響があります。また、乳歯に虫歯の多いお子さんは六才臼歯もほとんど虫歯になってしまいます。
スポーツ飲料や牛乳には砂糖が入っていないので、虫歯にはならないのでは?
なります。特にスポーツ飲料はジュースと同じです。
糖分はなくても酸性度が高いため歯が溶けやすく、虫歯菌も増殖しやすくなります。牛乳も口の中に残ればやはり虫歯菌のえさになります。
虫歯が全身の病気につながるって本当ですか?
虫歯と歯周病は細菌感染症です。虫歯の菌が心臓病や糖尿病、胃腸障害などの病気の発症や進行に大きな影響を与えることも分かってきています。
虫歯や歯周病の細菌が、口の中だけではなく生命の危機につながる、全身の健康に影響を与えることは確実です。
自分でも歯周病を見つけられますか?
以下の点に当てはまる方は、早めに歯科医院で診てもらって下さい。
  • 歯茎から出血する
  • 口臭がある
  • 歯茎が赤く腫れている
  • 歯茎の形が変わって、歯と歯の間に空隙が出来たり、歯の根が露出している
  • 歯がグラグラゆれる
  • 歯茎が痛い、かゆい
ホワイトニングで使用する薬剤はどんなものですか?
ホワイトニングで使用する薬剤は、消毒で使用するオキシドールに含まれている成分と同じです。過酸化水素や過酸化尿素を弱酸性に調節したものです。安全性も保証されていますので安心して下さい。
なぜインプラントをするのですか?
歯が無くなった時に、そのまま何もしないと抜けた歯の周囲にある歯が傾いたりします。歯が無くなってしまった時は、早期の治療が大事です。
従来では、ブリッジ、入れ歯という方法がありましたが、この二つは周りの歯が健康でも歯を削る必要があったのです。インプラントでは周りの健康な歯を傷つけることなく治療が行えます。
子どもの歯並びが気になるのですが、何歳くらいで矯正したらいいですか?
子どもの成長のスピードには個人差がありますので一概に何歳でとは言えませんが、顎が小さいと歯が綺麗に並びません。歯の生えてくるスペースを拡大する装置がございますので、親御さんが気がついた時が相談するタイミングです。
ページトップへ